水を飲まない猫ちゃんに。おススメの自動給水器3つはこれだ!

ねこの自動給水器 猫と暮らそう

飼っている猫が水をあんまり飲んでくれない。

留守がちで水をひんぱんに変えてあげられない。

旅行中の猫の飲み水が心配。

こんなふうに思っていませんか?

猫の水はふつうの食器がいいのかな?自動給水器がいいのかな?自動給水器は水をあげるのが楽そうだけど・・・

ねこママ
ねこママ

自動給水器は一見楽そうだけど、お手入れに手間がかかるのよ。

この記事では自動給水器のメリット・デメリットと、以下の3つの給水器をおススメしていきます。

  • ピュアクリスタル クリアフロー
  • MOSPRO ペット給水器 犬 猫自動給水器
  • ピュアクリスタル セラミックス
ねこママ
ねこママ

どれも人気のある自動給水器だよ。

それでは、詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

自動給水器のメリット・デメリット

「自動給水器」とはフィルターを通して電気で水を循環させる機器です。

猫ちゃんに水をあたえる時に「自動給水器」を使うメリットとデメリットをまとめてみました。

 

メリット

  • フィルターが食べカスや毛や埃を除去してくれるので、給水器のお手入れをこまめにできるなら清潔な水をあたえられる。
  • 数日程度の旅行なら清潔な水をあたえられる。留守がちの人にもおススメ。
  • 置き水はあまり飲まない猫ちゃんでも、流れる水なら飲んでくれることも。
  • 置き水よりも水を取り換える回数が減る。1日2~3回から1回に。
ねこママ
ねこママ

猫は水を飲む量が少ないと、腎臓の病気になりやすいの。うちのメメとズズは「自動給水器」に変えてから水をよく飲んでくれるようになったのよ。おしっこの量が少ないようなら、「自動給水器」を検討してみてね!

 

デメリット

  • 普通の食器よりお手入れに手間がかかる。
  • 電気代(1か月60円ほど)フィルター代のコストがかかる。
  • お手入れをサボると水あかやカビなどが発生して、置き水より水の質が落ちてしまう。
ねこママ
ねこママ

普通の食器のほうが、お手入れは楽なのよね~

 

おすすめの自動給水器3つはこれだ!

いまメメとズズが使っている給水器は「にゃんこの泉」という製品なんだけれど、これは今は購入することができません。

1日1回水を取り替えていて、本体は3日に1回洗っています。

同じ「フィルターを通して電気で水を循環させるタイプ」の自動給水器で、人気のあるものを調べてみました。

 

ピュアクリスタル クリアフロー

  • フィルターが安い。電気代1か月約50円以下。
  • 飲み慣れたボウル形状なので、自動給水器が初めてでも違和感がない。
  • ボウル部分にた水がたまる構造なので、停電時も安心。
ピュアクリスタル クリアフロー 猫用

 

MOSPRO ペット給水器 犬 猫自動給水器

  • フィルター6個入りで1,500円ほど。
  • 2Lの大容量を持つため、頻繁に水を補充しなくてもペットに最大一ヶ月間は新鮮な水を提供できる。
  • 真ん中にファウンテンがついているので、上から落ちる水が好きな猫ちゃん向け。
  • 留守がちな方におススメ。
MOSPRO ペット自動給水器 循環式
ねこママ
ねこママ

家をあけることが多い方におススメだね。

 

ピュアクリスタル セラミックス 

  • フィルターが安い。電気代1か月約50円以下。
  • 上が陶器のお皿でお手入れが必要なベースタンク部分はプラスチックになっている。
  • デザインがオシャレ。
  • 陶器である程度重さがあるので、ひっくり返されない。
ピュアクリスタル セラミックス
ねこママ
ねこママ

ねこママ、この給水器気になってるんだよね~オシャレだし(*^_^*)

 

まとめ

置き水は1日数回取り換えてあげる必要がりますが、食器のお手入れは楽です。

自動給水器は水を取り換える回数は少なくてすみますが、お手入れに手間がかかります。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、猫ちゃんが水を飲んでくれない、留守がちな方は自動給水器がおススメですよ。

私は昼間は留守が多いから、自動給水器がよさそうだな~

ねこママ
ねこママ

猫ちゃんの好みに合わせて選んであげてね(^_-)

自動給水器以外の必要なものはこちら↓

猫を初めて飼う時にこれだけは必要なモノ6つ!
猫を始めて飼うのだけれど、どんなモノをそろえればいいのかな?猫をお世話するのに最低限必要なモノは何かな?そんな疑問にお答えします。この記事では「猫を飼う時にこれだけは必要なモノ6つ」を紹介していきます。猫用品を準備する際に参考にしてみてください。